花崗岩山地

山口県防府市で2009年7月の豪雨で発生した崩壊

山口県防府市で2009年7月の豪雨で発生した崩壊

宮崎県市房山の伐採地で1985年に発生した崩壊(オルソフォト)

宮崎県市房山の伐採地で1985年に発生した崩壊(オルソフォト)

説明

花崗岩山地は土層の粘着力が弱いため、温暖化の進行により極端な降雨が増えると、植生の保護力が低下した斜面では災害発生リスクが高まります。

<<前のページヘ | 一覧ページに戻る | 次のページへ >>

ページ先頭へ戻る