刊行物

農林水産省や農林水産省所管の研究機関から発行されている「地球温暖化と農林水産業」についての、レポートをご紹介いたします。

レポート

地球温暖化適応策関係レポート
農林水産省 発行
農林水産省では、平成19年6月に「農林水産省地球温暖化対策総合戦略」を策定し、本総合戦略に基づき、地球温暖化による農業生産への影響の把握と対応策の推進に努めているところです。この中で、農業生産現場における高温障害など地球温暖化によると考えられる影響や適応策などについて各レポートを公表しています。(「農林水産省サイト」より)

農業機械の省エネ利用マニュアル(平成22年度改訂版)
農林水産省 発行
発行年 2012年3月
農業機械からの温室効果ガス削減を目的として、農業者の方々の実践を支援するために作成された資料。燃料消費量低減の視点から農業機械の点検整備や作業方法についての留意事項が掲載。(本資料「はじめに」より)

浮皮軽減のための技術情報
ジベレリンとプロヒドロジャスモンを混合して散布する新しい浮皮軽減技術
農研機構・果樹研究所 発行
発行年 2010年9月30日
浮皮は果肉と果皮が分離する現象で、貯蔵・輸送中に腐敗しやすい、味が淡白になるなどの問題を引き起こす。従来の開発技術に加え、平成22年2月に農薬登録された薬剤を利用した新しい対策技術を紹介している。
(「農研機構・果樹研究所サイト」より)

地球温暖化が農林水産業に与える影響と対策
(農林水産研究開発レポートNo.23)
農林水産省 発行
発行年 2007年12月26日
地球温暖化の影響評価(将来予測)、温暖化の適応策、および温暖化防止(緩和)策に関する主な研究成果を紹介。(本資料「はじめに」より)

食料・環境問題の解決を目指した国際農林水産業研究
(農林水産研究開発レポートNo.11)
農林水産省 発行
発行年 2004年12月17日
世界人口増加を背景にした食料問題、地球温暖化の農業への影響等の課題解決を目指した国際農林水産業研究の成果と今後の展開について論述。

地球温暖化の防止に関わる森林の機能
(農林水産研究開発レポートNo.8)
農林水産省 発行
発行年 2003年9月19日
森林分野における地球温暖化での最近の成果を紹介し、森林が地球環境保全にどのように貢献できるのかについて考察。(本資料「2.森林の恵み」より)

季刊 森林総研 Vol.7
森林総合研究所 発行
発行年 2009年11月30日
巻頭言 地球温暖化と森林・林業研究<特集> 温暖化時代を森林と生き抜く -森林の機能をどこまで活かせるか-◆二酸化炭素吸収源としての森林の役割?2050年への展望◆温暖化で危惧される自然林への影響◆地球規模での森林の変化を見守る眼

季刊 森林総研 Vol.2
森林総合研究所 発行
発行年 2008年8月29日
<特集> 洞爺湖サミットと森林総研 -森林の炭素吸収-地球温暖化対策がテーマとなった北海道洞爺湖サミット。特集記事として、森林の炭素吸収のしくみや森林利用によるCO2削減、「炭素吸収に適した樹種は?」「林木一本の炭素吸収量は?」等のQ&Aが掲載。

研究の森から−No.166
ケヤマハンノキの窒素固定能力−大気の二酸化炭素濃度上昇の影響−
森林総合研究所 発行
発行年 2007年12月14日

研究の森から−No.144
地球温暖化によりブナ林の分布適域が大幅に減少する
森林総合研究所 発行
発行年 2006年1月31日

研究の森から−No.96
二酸化炭素を封じ込める森林土壌のはたらき
森林総合研究所 発行
発行年 2001年7月31日

ページ先頭へ戻る