用語集

細霧冷房

粒径が30μm以下の細かい霧を噴霧することで、ビニルハウス内の気温や家畜の体温を気化熱を奪うことによって下げる装置である。

農研機構,2006,最新農業技術事典

尻腐れ果

トマトやピーマンなどで、果頂部(花のあった部分)が黒色や茶色に変色し、壊死した状態になり陥没し、商品価値が無くなる。高温により葉からの蒸散が活発になると、カルシウムが果実に届きにくく、果実の細胞肥大に必要なカルシウムが不足することによると考えられている。対策として、果実周辺の葉へのカルシウム撒布が行われている。

杉浦俊彦,2009,温暖化が進むと「農業」「食料」はどうなるのか,技術評論社
農研機構,2006,最新農業技術事典
[参考サイト] こうち農業ネット",102,http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/byoki/daityou/sakumotu/tomato/sirigusare.html

白未熟粒

白米中のデンプンが十分に入っていないため乳白色に濁る米粒のこと。外観、食味ともに悪くなる。出穂後20日間の平均気温が26〜27℃を超えると白未熟粒が発生しやすくなる。対策として、田植えを遅らせることや、高温耐性品種の開発が行われている。

杉浦俊彦,2009,温暖化が進むと「農業」「食料」はどうなるのか,技術評論社
農研機構,2006,最新農業技術事典

ページ先頭へ戻る