イベント情報

2014年7月23日(水)
シンポジウム「IPCC 第5次評価報告書(AR5)の主要なメッセージとアジアに対する示唆」の開催について(お知らせ)【環境省】

日時:2014年7月23日(水)15:45-17:15
場所:パシフィコ横浜 会議センター 502号室(定員200名)
   (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
主催:環境省
共催:公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
その他:本シンポジウムは、第6回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2014)におけるセッションの一つとして開催されます。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による第5次評価報告書の公表を踏まえ、国内での気候変動への取組みを更に推進する事を目的にシンポジウムを開催します。

第1部では、本年3月の第38回IPCC総会(横浜)で承認された気候変動の影響、適応及び脆弱性に関する第2作業部会(WGII)報告書等、これまでに公表されたIPCC第5次評価報告書の内容を振り返りながら、気候変動に関する適応及び緩和に関する最新の科学的知見についてアジアに焦点を当てた講演を行います。

第2部では、国内外における将来的な気候変動対策を見据え、気候変動リスクの受けとめ方、適応・緩和策の統合やそのための今後の課題といった視点でパネルディスカッションを行います。

なお、参加には事前申込が必要です。

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る