イベント情報

2014年11月20日(木)
地球観測連携拠点(温暖化分野)平成26年度ワークショップ 「海洋観測の現状と展望 -地球環境科学への貢献-」【環境省、気象庁】

日時:2014年11月20日(木) 13:00〜17:00 (受付開始12:15)
場所:千代田放送会館ホール(東京都千代田区紀尾井町1-1)
主催:地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁
参加費:無料
事前登録:要

地球温暖化を予測し、人間社会や生態系への温暖化の影響を評価する上で、海洋の実態を解明することは非常に重要です。例えば、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書では、大気だけでなく海洋も温暖化していることや二酸化炭素濃度の増加によって海洋が酸性化していることなどが報告されています。また、世界平均気温の停滞現象(ハイエイタス)の原因として、熱が海洋に再分配されている可能性も指摘されており、海洋観測データの重要性が高まっています。

観測船やアルゴフロート(自動的に水深2000mまでの水温・塩分等を測定する機器)を用いた海洋観測は、国際的な連携・協力のもとに進められており、また、観測データのアーカイブ等に関しても、国際的な連携の枠組みが構築されています。

今回のワークショップでは、海洋観測の現状と成果、観測データのアーカイブの状況、観測とモデルの連携の視点も含めて海洋観測の最近の動向と今後の展望をご紹介します。

詳細は地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁(OCCCO)のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る