イベント情報

2014年11月26日(水)
気候変動適応シンポジウム「地域における気候変動適応策の離陸に向けて」の開催について【環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクト「S-8 温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」、法政大学】

日時:2014年11月26日(水) 10:00〜17:00
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス スカイホール (ボアソナード・タワー26 階)
主催:環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクト「S-8 温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」、法政大学
参加費:無料
事前登録:要

環境研究総合推進費S-8プロジェクト「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」の一環として、これまでの研究成果を国民の各界各層に広く発信し、地域・自治体における気候変動影響と適応研究、及び適応策の一層の促進に資するため、気候変動適応シンポジウム「地域における気候変動適応策の離陸に向けて」を開催します。

地球温暖化対策に関しては、その原因である二酸化炭素等を削減して低炭素社会の実現をめざす「緩和策」とともに、既に生じており、今後さらに深刻化が予測される気候変動影響に対処していく「適応策」の必要性が、ますます高まってきています。

環境省環境研究総合推進費S-8プロジェクト「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」では、地方自治体における温暖化影響に係る研究と適応策の普及の一環として「気候変動適応社会をめざす地域フォーラム」(略称:地域適応フォーラム)を設置し、温暖化影響・適応策に関する研究の推進、及び温暖影響・適応策に関する計画立案や進行管理等について、ノウハウの共有、人材交流、普及啓発等を行ってきました。

本シンポジウムは、2015年夏頃を目処に国の適応計画が策定される予定であることを踏まえ、国は地方自治体の適応策の推進をどのように支援していくのか、それを受け、地域の行政や研究機関はどのように適応策を推進していくべきかに焦点をあてて開催します。

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る