イベント情報

2015年11月24日(火)
     〜26日(木)
MARCOシンポジウム2015 サテライトワークショップ「国際的な耕地微気象観測網による気候変動下のイネ高温障害リスク評価の革新」
【農業環境技術研究所】

日時:2015年11月24日(火)9:00〜26日(木)17:00
開催場所:文部科学省研究交流センター (茨城県つくば市竹園2丁目20−5)
主催:農業環境技術研究所
共催:国際農林水産業研究センター
後援:農林水産省 農林水産技術会議事務局、農業・食品産業技術総合研究機構、日本農業気象学会、日本作物学会
参加対象:国立研究開発法人、大学、行政部局、民間団体、海外研究機関の研究者 など

コメは世界人口の半数以上が主食とする重要な作物ですが、世界の高温稲作地域ではイネの高温障害が頻発しており、各国の高温不稔の実態把握や温暖化による高温障害の激化等の影響予測が急がれています。しかし、高温不稔に直接関与する穂温は、群落上の一般的な気温とは異なり、そのギャップが高温障害の発生要因の解明や正確なリスク評価を妨げています。このような背景から、2009年のMARCOシンポジウムを契機として、水田群落内の気温・湿度のモニタリングによるイネ高温障害の実態解明を目的とする耕地微気象観測ネットワーク(MINCERnet)を組織し、アジアを中心とする8か国で研究を開始してきました。その後、アフリカの3か国を加えて、ネットワークを世界のコメ生産主要部を横断する広範な気候帯に拡大するとともに、高温耐性品種の導入や高温・乾燥の複合ストレスの影響評価など、将来を見据えた新たな視点でのモニタリングを開始しつつあります。

そこで、MINCERnet の国内外の研究協力者が一堂に会する本ワークショップを開催し、世界のコメ生産地における気候変動と高温障害の実態について紹介し、参加者の皆さんと議論します。あわせて、これまでの各国の耕地微気象とイネ高温障害のモニタリング結果を総括するとともに、これからのモニタリングについて意見交換を行い、今後の研究の展開と MINCERnet の活動方針について議論します。

詳細は農業環境技術研究所のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る