イベント情報

2016年3月18日(金)
シンポジウム「地域から考える気候変動問題〜伊勢志摩サミットに向けて〜」の開催について【環境省】

期日 : 2016年3月18日(金)13:00〜16:00(予定)
場所 :鳥羽国際ホテル ハーバーウィング6Fバンケットルーム 海城(あまぎ)
    (〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽1丁目23番1号)
主催 : 環境省
共催 : 三重県
定員 : 100 名程度(事前申し込み制)
参加費 : 無料

近年、世界中で気候変動の影響が現れており、我が国においても、気温や海水温の上昇、降水日数の減少などに伴い、農作物の収量の変化や品質の低下、漁獲量の変化、動植物の分布域の変化やサンゴの白化、さくらの開花の早期化などがすでに生じています。

今後どのような温暖化対策を取ったとしても日本の将来の平均気温は上昇し、21世紀末に向けて気候変動の影響のリスクは高まると予測されており、温暖化が進むにつれて、自然災害、農業、自然生態系、健康など様々な面で深刻な影響が生じる恐れがあります。

そのような中、2015年11月には政府として初の「気候変動の影響への適応計画」を閣議決定し、同年12月には気候変動枠組条約の第21回締約国会議(COP21)において、2020年以降の国際枠組みであるパリ協定が採択されるなど、近年、気候変動問題を巡る国内外の情勢が大きく動き出しています。

本シンポジウムでは、伊勢志摩サミットを5月にひかえる三重県において、地球規模の課題である気候変動問題に関する最新の動向を紹介すると共に、これらの情報をいかに伝えていくか、そして今後どのような対策を進めていくべきかを皆さんと考えていきます

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る