イベント情報

2016年9月11日(日)
「いぶき」(GOSAT)に関するシンポジウム「地球を見守る宇宙の眼〜温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の今とこれから〜」の開催について【環境省】

期日:2016年9月11日(日)13:00〜17:00 (開場12:15)
場所:コクヨホール(〒108-8710 東京都港区港南1-8-35)
主催:環境省
共催:JAXA、国立環境研究所
参加:無料、事前申し込み制

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき(GOSAT)」は、二酸化炭素やメタンといった温室効果ガスの観測を主目的とした世界初の人工衛星です。「いぶき」プロジェクトは、環境省、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立研究開発法人国立環境研究所が共同ですすめております。

本シンポジウムでは、「いぶき」の概要や、これまでの観測で得られた成果を紹介します。さらに、平成30年の打ち上げを目指して開発を進めている「いぶき」後継機の概要も紹介し、これらの観測成果の重要性や今後の地球温暖化対策への活用について議論します。

また、シンポジウム後には、「いぶき」搭載センサに関する実験やパネル展示など、研究者と直接対話できる展示・実演コーナーを開設します。

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る