イベント情報

2013年12月10日(火)
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)公開シンポジウム「地球温暖化問題について考えよう!最新の科学と温室効果ガス排出量監視の取りくみ」の開催について(お知らせ)【環境省】

日時:2013年12月10日(火)13:00〜17:20
場所:京王プラザホテル札幌(札幌市中央区北5条西7丁目2-1)

言語:日本語・英語(同時通訳)
主催:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
共催:環境省、北海道大学持続可能な低炭素社会づくりプロジェクト、北海道大学大学院地球環境化学研究院、公益財団法人地球環境戦略研究機関
後援:北海道、札幌市

今秋、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)から第5次評価報告書(第1作業部会)及び、温室効果ガス算定論に関する二つの方法論報告書が発表されました。また、来年3月には横浜でIPCCの第38回総会が開催され、第5次評価報告書(第2作業部会)の報告書が承認される予定となっています。

 そこで、関係者が一堂に会して地球温暖化問題について考えるシンポジウムを開催します(主催:IPCC、共催:環境省ほか)。前半にIPCCの活動及び、気候変動に関する最新の知見を、後半には地球温暖化問題への国際的な取り組みとIPCCの関わりについて議論します。

詳細はこちらをご覧ください。

ページ先頭へ戻る