イベント情報

2018年1月23日(火)
一般公開シンポジウム『地球温暖化と大気汚染による影響の軽減に向けた新たな取り組みー短寿命気候汚染物質(SLCP)の影響評価とその削減対策ー』の開催について【環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12】

日時:2018年1月23日(火) 13:30 〜16:30 (13:00開場)
場所:京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホール(吉田キャンパス)
主催:環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-12
共催:京都大学、宇宙航空研究開発機構
参加費:無料

大気汚染物質は環境・気候変動に大きな影響を与えます。S-12プロジェクトでは、大気汚染物質の中で「短寿命気候汚染物質」(SLCP: Short-Lived Climate Pollutants)に注目しています。SLCPには、PM2.5の一部である煤(黒色炭素)、光化学オキシダントの主成分である対流圏オゾン、その対流圏オゾンの生成に寄与するメタンなどの、気候に与える影響が大きなものが含まれています。またSLCPが大気中に滞留する時間は、二酸化炭素などの長寿命温室効果ガスに比べて短くなっています。そのため、SLCPを削減することで、環境改善だけではなく、地球温暖化を抑制する効果もあり、国際的な取り組みも行われています。

S-12プロジェクトでは例年公開シンポジウムを開催しており、第4回となる今回は西日本で初めて開催します。これまでの研究成果をもとに、より具体的なSLCP排出シナリオの検討結果を始め、過去から将来にかけての排出推定やSLCP削減による地域・地球規模での環境・気候影響評価についての最新の成果を公表し、今後の展望を議論します。
詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る