イベント情報

2018年1月26日(金)
イネの高温障害に関する国際シンポジウムを開催 - 世界のコメ生産への温暖化影響と適応策を議論 -【農研機構・農業環境変動研究センター】

日時:2018年1月26日(金) 9:30〜17:00
場所:つくば国際会議場 中会議室202(茨城県つくば市竹園2-20-3)
主催:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
共催:国際農林水産業研究センター(JIRCAS)
後援:農林水産省農林水産技術会議事務局、日本農業気象学会、日本作物学会
参加費:無料
使用言語:英語

異常気象の多発や地球温暖化の進行が農業に及ぼす影響が懸念されています。なかでも、コメは世界人口の半数以上の主食であり、高温障害への対策は世界的に重要な課題です。高温による作物の減収への対策について、栽培、育種など複数の分野で研究・開発が進められていますが、イネの場合は高温障害に直接関与する水田内環境のデータが十分ではなく、誤った要因解析や影響評価がなされ、適応策を正しく評価できない可能性があります。 このため、農研機構農業環境変動研究センターでは、モンスーンアジア農業環境研究コンソーシアム(MARCO)の枠組みを利用して、世界の稲作地域を結ぶ国際観測ネットワーク(MINCERnet)を組織し、水田群落内の環境条件と高温障害・収量との関連を調査してきました。

本シンポジウムでは、各国の研究者がイネ高温障害の実態とこれまでの研究成果を報告し、適応策の有効性を評価するための今後のMINCERnetの活動について議論します。

詳細は農研機構のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る