新着情報

2013年11月6日
全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する情報提供の開始について【気象庁】

海洋による二酸化炭素の吸収量の変化は、大気中の二酸化炭素の増加量に影響を与えることから、地球温暖化や海洋酸性化などの地球環境の監視・予測に重要です。このため、気象庁は、全球の海洋による二酸化炭素の吸収量について、国内で初めて定期的な情報提供を開始しました。今回の解析により、海洋による二酸化炭素の吸収量は、1年あたり19億トン炭素(1990〜2011年の平均)で、近年増加傾向にあることが分かりました。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書では、現在、海洋は産業活動により排出された二酸化炭素の約3割に相当する量を吸収する、重要な吸収源となっており、海洋酸性化を引き起こしていることが示されました。このまま大気中への二酸化炭素の排出量が増加し続ければ、海洋が二酸化炭素を吸収する能力が低下し、地球温暖化の進行が加速されることが懸念されています。

気象庁は、海洋気象観測船(凌風丸及び啓風丸)の観測結果とともに、国際的な海洋観測網で得られたデータをもとに、全球の海洋による二酸化炭素の吸収量を求めました。その結果、海洋による二酸化炭素の吸収量は、1年あたり19億トン炭素(1990〜2011年の平均、単位の「億トン炭素」は、二酸化炭素吸収量を炭素の重量に換算した値)で、近年増加傾向にあることが分かりました。

今回の解析をもとに、気象庁ホームページ「海洋の健康診断表」を通じて、国内で初めて全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する定期的な情報提供を開始します。

詳細は気象庁ホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る