新着情報

2015年12月17日
「委託プロジェクト研究(気候変動対応関連)の推進方針」の公表について【農林水産技術会議】

農林水産省では、農林水産政策の推進上重要であり、かつ、我が国の研究勢力を結集して総合的・体系的に推進すべき研究開発の課題を推進するためのプロジェクトを企画・立案するとともに、その進行管理を行っています。

現在実施している既存の研究課題のほか、農林水産業が地球温暖化等に対応するために必要な研究開発を総合的に推進するため、これまで3回にわたり開催してきた「委託プロジェクト研究(気候変動対応関連)の推進方針に関する検討会」における議論を踏まえ、新規に取り組むべき課題や研究推進上の留意点等を取りまとめました。

今後、関連予算が成立した場合は、その範囲内において、この推進方針の内容に沿って委託先の公募を行う予定です。

1. プロジェクト検討の背景
2. プロジェクトの基本的考え方
(1) 個別課題選定の考え方
(2) 今後の目指すべき姿
3. 新規に取り組むべき課題
(1) 影響評価の抜本的強化
(2) 有用昆虫への影響・害虫の分布拡大への対応技術の開発
(3) 山地災害の激甚化や人工林の生育状況の変化等に対応するための技術開発
(4) 有害プランクトンに対応した迅速診断技術の開発
(5) 野生鳥獣害拡大への対応技術の開発
(6) 気候変動がもたらす機会を利用するための技術開発
4. 研究推進上の留意事項

なお、関連する記事として、「委託プロジェクト推進方針検討会について」(ページ後半に気候変動関係が掲載されています)に、公表した推進方針が掲載されています。
http://www.s.affrc.go.jp/docs/project/suisin/index.htm

また、第3回推進方針検討会に会議資料及び議事概要が掲載されています。
http://www.s.affrc.go.jp/docs/project/suisin/climatechange3.htm

詳細は農林水産省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る