新着情報

2013年11月13日
作物気象データベース 『MeteoCrop DB』 改訂版を公開―最新データの提供でイネの生育診断や高温対策への利用が可能に―【農業環境技術研究所】

1. 独立行政法人農業環境技術研究所 (農環研) は、「モデル結合型作物気象データベース改訂版 (MeteoCrop DB Ver.2)」 を11月13日から公開します。URLは、http://meteocrop.dc.affrc.go.jp/real/ です。

2. MeteoCrop DB は、地球温暖化などの気候変動が日本各地のイネ生産にどのように影響するかを解析するために開発された気象データベースです。気温や日射量などの基本気象要素に加えて、イネの収量や品質に大きな影響を及ぼす水田水温や穂温など、一般の気象観測では得られない水田の微気象データの推定値を提供します。これまで、主としてイネの生産に関わる研究者や技術者が、今後の温暖化対策のための基礎情報として利用してきました。

3. 改訂版では、データの更新をこれまでの月1回から毎日に変更し、アメダス地点*1と地上気象観測所*2における、2日前までの最新の作物気象データ*3を提供します。これによって、全国の試験研究機関や普及・指導機関が、栽培中のイネの生育診断や高温被害の回避対策の策定などを行う際に活用できるようになります。

4. なお、従来版は、これまでの利用者に対する便宜のため、1年程度は更新と公開を継続します。

詳細は農業環境技術研究所ホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る