新着情報

2016年8月2日
「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第14回会合(WGIA14)」の結果について【環境省】

環境省と国立環境研究所は、モンゴル国自然環境グリーン開発観光省とともに、アジア地域諸国の温室効果ガスインベントリ(排出・吸収目録)の精度向上と、地域の協力関係の促進を目的とし、7月26日(火)〜28日(木)に、「アジアにおける温室効果ガスインベントリ整備に関するワークショップ第14回会合(14th Workshop on Greenhouse Gas Inventories in Asia(WGIA14))」を、モンゴル・ウランバートルにおいて開催しました。

今次会合には、日本を含む参加国13カ国の政府関係者、研究者及び国際機関等(総計93名)が参加し、温室効果ガスインベントリの相互学習や、途上国が2年に1度、提出する隔年更新報告書(BUR)についての国際的協議・分析(ICA)の経験も踏まえた議論等を行い、参加国の「測定・報告・検証(MRV)」の能力向上支援とネットワークの更なる強化を図りました。

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る