新着情報

2016年9月28日
土壌炭素モデリングは気候変動を緩和させる森林管理に役立つ【森林総合研究所】

土壌は地球上で主要な炭素貯留の場です。しかし気候変動に与える影響は未だ十分には解明されていません。最近の研究により、土壌の炭素蓄積量やその変化は土壌の肥沃度や土壌の組成の影響を組み込むことでより正確に予測できることが明らかになってきました。土壌から放出される二酸化炭素の量を正確に把握することは、気候変動緩和という観点も考慮に入れたより適切な森林管理を考える上で重要です。

気候変動と土壌炭素との間の相互作用を考えるためには、土壌炭素の広がりと地域的な変動についての情報が重要です。現在用いられている土壌炭素変動の予測モデルはまだ信頼性がそれほど高くなく、気候変動により放出される二酸化炭素の量を正確に捉えることができていません。

本研究では、フィンランドの自然資源研究所(NaturalResources Institute Finland : Luke)、スウェーデンのスウェーデン農業科学大学(Swedish University of Agricultural Sciences : SLU)、そして日本の森林総合研究所の共同研究として、スウェーデンの土壌インベントリーデータ(全国の土壌炭素の分布を何千点も調べたデータ)を解析し、代表的な土壌炭素モデルの予測と比較しました。

詳細は森林総合研究所のホームページをご覧ください。


ページ先頭へ戻る