新着情報

2016年10月24日
長期的な温暖化が土壌有機炭素分解による二酸化炭素排出量を増加させることを実験的に検証−6年間におよぶ温暖化操作実験による研究成果−について【国立環境研究所】

地球規模の土壌呼吸は、2008年の時点で年間約3,593億トン(二酸化炭素換算)と推定されており、そのうち微生物呼吸は約7割を占めるとも言われています。この微生物呼吸量は人為起源の二酸化炭素排出量の約10倍にも相当し、地球温暖化によって微生物呼吸量が増加し、さらに温暖化に拍車をかけるという悪循環(正のフィードバック)が想定されています。

国立環境研究所と宮崎大学は、共同で行っていた6年間の長期的な温暖化操作実験(赤外線ヒーターを用いた人工的な土壌昇温実験)の結果から、土壌有機炭素の分解により発生する二酸化炭素の排出速度が、1℃当たりの昇温で7.1〜17.8%(平均9.4%)増加することを明らかにしました。また、この温暖化による増加率の年々変動と、夏季の降水量の間には正の相関が見られました。

本研究から、今後アジアモンスーン地域における降水量が増えれば、土壌有機炭素の分解に伴う二酸化炭素の排出速度は、温暖化によってさらに促進されることが示唆されました。

詳細は国立環境研究所のホームページをご覧ください。


ページ先頭へ戻る