新着情報

2016年10月27日
季節変動を取り除いた全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました! 〜温室効果ガス観測技術衛星
「いぶき」(GOSAT)による観測速報〜【環境省】

環境省、国立環境研究所及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき(GOSAT)」を用いて、二酸化炭素やメタンの観測を行っています。

「地球大気全体(全大気)」の二酸化炭素平均濃度について、平成28年5月までの暫定的な解析を行ったところ、平成28年2月頃に季節変動を取り除いた濃度(推定経年平均濃度)が初めて400 ppmを越えたことがわかりました。

また、平成27年12月に初めて400 ppmを超えた月別平均濃度の最大値は平成28年5月に過去最高となる402.3 ppmを記録しました。

なお、本結果は気候変動枠組条約第22回締約国会議(COP22)(11月7日〜18日、モロッコ・マラケシュ)のサイドイベント等でも報告する予定です。

今後も「いぶき」による全大気平均二酸化炭素濃度について定期的に公表を行っていきます。

詳細は環境省のホームページをご覧ください。


ページ先頭へ戻る