新着情報

2016年12月1日
インド・デリー周辺の冬小麦が都市排出を上回る二酸化炭素を吸収 〜民間航空機観測(CONTRAIL)から明らかになった新たな炭素吸収〜(お知らせ)【国立環境研究所・気象庁気象研究所】

日本航空の航空機を利用した温室効果ガス観測プロジェクト(CONTRAILプロジェクト*1 )によってインド上空で観測された二酸化炭素濃度データを解析したところ、デリー周辺の大気中二酸化炭素濃度は特殊な季節変動をしており、冬季から初春にかけて非常に低い濃度となっていることがわかりました。

航空機で得られた濃度の鉛直分布から、この低濃度はインド北部で冬季に栽培される作物(主に冬小麦)によって大量の二酸化炭素が吸収されたことが原因であることがわかりました。この吸収量はこの時期にデリー周辺から排出される人為起源二酸化炭素の2倍ほどにもなると見積もられました。この事実は穀物による二酸化炭素の吸収が地球上の炭素循環を理解する上で無視できない量であることを示しています。

本研究の成果は、2016年11月19日に、米国地球物理学会発行のGeophysical Research Lettersに掲載されました。

詳細は国立環境研究所のホームページでご覧ください。


ページ先頭へ戻る