新着情報

2017年2月21日
気候変動研究で分野横断的に用いられる社会経済シナリオ(SSP; Shared Socioeconomic Pathways)の公表【国立環境研究所】

国立環境研究所の参画する統合評価モデルコンソーシアムが中心となって、新たな社会経済シナリオである「共通社会経済経路(SSP; Shared Socioeconomic Pathways)」を開発し、その成果を論文にまとめました。

SSPは気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書である第6次評価報告書や1.5℃特別報告書で分野横断的に使われ主要な役割を果たすだけでなく、広義の持続可能性、生物多様性を検討する際のシナリオのベースとなることが期待されます。

SSPはSSP1からSSP5という5つの異なる2100年までの代表的な社会経済シナリオで構成され、国立環境研究所はAIMモデルを用いて、SSP3のマーカーシナリオを提供しました。

このSSP3は、今世紀中人口増加が続き、低経済成長で技術進展が遅く、非協調的な世界観に基づくシナリオであり、森林減少が続き、大気汚染物質の排出量が減少せず、温室効果ガス排出が増え続けることとなりました。

また、他の4つのSSPと異なり、本シナリオ下では2℃目標(将来の気温上昇を産業革命以前比で2℃未満に抑えるという目標)は、モデル上実現不可能なものとなりました。

こうしたことから、本研究は、気候変動問題の解決のために社会経済構造の変革が必要であることを示唆しています。

詳細は国立環境研究所のホームページをご覧ください。


ページ先頭へ戻る