新着情報

2017年10月26日
(研究成果) 気候変動により、北海道の代表的産地で 高級ワイン用ブドウ「ピノ・ノワール」が栽培可能に−今後も道内で栽培拡大の見込み−【農研機構】

農研機構らの研究グループは、長期的な温暖化傾向と1998年頃に起きた気候シフトにより、北海道内の代表的なワイン用ブドウ産地の後志(しりべし)地方の余市(よいち)町や空知(そらち)地方で、高級赤ワインの代表品種のピノ・ノワールの栽培が可能となったことを明らかにしました。道内ではさらに栽培の拡大が期待されます。

詳細は農研機構のホームページをご覧ください。



ページ先頭へ戻る