新着情報

2013年3月15日
日本を対象とする詳細な地球温暖化予測について―「地球温暖化予測情報第8巻」の公表―【気象庁】

新たに開発した詳細な気候モデルにより、日本を対象とする地球温暖化予測を実施しました。気候モデルを詳細化することで、今回初めて短時間強雨の発生頻度の将来予測が可能となりました。21世紀末頃の日本では、平均気温の上昇に加え、猛暑日の日数が増加すること、短時間強雨の発生頻度が増加すること等が予測されました。

詳細は気象庁ホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る