新着情報

2013年12月2日
暖地で安定生産可能な良食味ニホンナシ新品種「凜夏(りんか)」― 地球温暖化に対応し、暖地でも安定生産できる早生品種を育成 ―【農研機構果樹研究所】

地球温暖化の進行により、暖地では「幸水1)」等の花芽が枯死する障害が発生していることに対応し、暖地でも安定生産できるニホンナシ新品種「凜夏」を育成しました。

「幸水」とほぼ同時期に収穫できる、大果で良食味の早生品種として、暖地での普及が期待されます。

詳細は農研機構ホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る