新着情報

2014年2月20日
漁船漁業省エネ普及チームを結成!―漁船漁業の省エネ化促進を目指して―【水産総合研究センター】

独立行政法人水産総合研究センター(FRA)は、燃料費の高騰により厳しくなっている漁船漁業における収益性を改善するために、漁船漁業の省エネルギー化を推進するための技術開発を行ってきました。その一環として、燃料の消費費量がリアルタイムで把握できる燃料消費量の見える化装置の開発、スマートフォンなどの携帯端末からHPにアクセスして、漁船の長さ、幅や馬力などのデータを入力するだけで、減速航行による燃料削減量を簡単に計算できる燃料削減量概算ソフト『Dr.省エネ』の開発、また、漁船漁業の省エネルギーに向けてのガイドブックと、その要点を簡単にまとめたパンフレットを作成しました。

今回さらに省エネ技術の現場への普及を促進するために、水産工学研究所に漁船漁業省エネ普及チーム(愛称:「チームDr.省エネ」)を結成しました。本チームは漁業の現場(浜へ直接出向き)において漁船漁業の省エネに関する講習会を中心に活動を行い、漁業関係者へ減速航行等の燃料を削減するための省エネ技術を紹介します。漁業現場からの要望に迅速に対応し、必要な省エネ技術を分かりやすく、正しく理解して頂き、漁船漁業の省エネルギー化を目指します。

詳細は水産総合研究センターのホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る