新着情報

2014年3月13日
3月23日は、世界気象機関(WMO)が定めた世界気象デーです。今年のキャンペーンテーマは、「若者の未来に関わる天気と気候」です。【気象庁】

世界気象機関(WMO)は、1950年(昭和25年)3月23日に世界気象機関条約が発効したことを記念してこの日を世界気象デーとし、 毎年キャンペーンテーマを設けて気象知識の普及や国際的な気象業務への理解の促進に努めています。 今年のキャンペーンテーマは、「若者の未来に関わる天気と気候」です。

詳細は気象庁のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る