新着情報

2014年6月13日
海中の大河を追って〜地中海流出水の歴史と気候変動とのかかわりの究明〜【海洋研究開発機構、新潟大学】

2011年11月から2012年1月にかけて、統合国際深海掘削計画(IODP)第339次掘削航海「地中海流出水」が米国科学掘削船ジョイデスレゾリューション号によりポルトガル沖のカディス湾及びイベリア大陸縁辺部で実施され、総延長5 kmに達する堆積物柱状試料(コア)を掘削・回収しました。

今回回収されたコアには、地中海の水がジブラルタル海峡から北大西洋に流れ出る「地中海流出水」の強い流れによってできる「コンターライト」と呼ばれる特徴的な堆積物が認められました。これを詳細に解析した結果、過去約500万年間の地中海流出水の歴史が詳細に解明され、北大西洋の海底の流れと気候変動とのかかわりが明らかになりました。

詳細は海洋研究開発機構のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る