新着情報

2014年7月10日
関東地方における熱中症と気候変動の関係を解明【海洋研究開発機構】

関東地方における熱中症の死亡者数と気候変動の関係について、1980年から2010年まで約30年間の統計データと気象観測データの解析が行われ、その結果、死亡者数の変動と日最高気温が35℃を越える猛暑日数の変動が強く関係していること、猛暑日数の変動には熱帯域のエル・ニーニョ/南方振動現象やインド洋ダイポールモード現象が関わっていることが明らかになりました。

この成果は、熱中症の発生に熱帯域の気候変動現象が間接的に関わっていることを示唆するものであり、今後、気候モデルを用いて気候変動現象を精度良く予測し、猛暑日に関する情報を事前に社会に発信することで、熱中症による被害を予防していくことが期待されます。

詳細は海洋研究開発機構のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る