新着情報

2014年9月9日
世界の二酸化炭素濃度の増加と海洋の酸性化が進行中〜WMO温室効果ガス年報第10号の発表〜【気象庁】

WMOの温室効果ガス世界資料センターとして、気象庁が大気中の温室効果ガス観測データについて世界の専門家と協力して解析した結果、 2013年の世界の二酸化炭素濃度(CO2、年平均)と前年からの年増加量は観測史上最も大きかったことが判明しました。 大気CO2増加に伴い、世界の海洋酸性化も進行しています。

詳細は気象庁のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る