新着情報

2014年12月12日
日本国内における気候変動予測の不確実性を考慮した結果について【環境省】

環境省と気象庁は、平成27年夏頃に予定している政府全体の「適応計画」策定に向けた取組みとして、日本国内における気候変動による影響の評価のための気候変動予測を行っています。このたび、不確実性を考慮した年平均気温と年降水量の予測結果の取りまとめや新たに最深積雪や降雪量の算出等が行われました。

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る