新着情報

2015年9月7日
強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会第2回会合第10セッション(ADP2-10)の結果について【環境省】

8月31日〜9月4日、ドイツ・ボンにおいて、国連気候変動枠組条約の下の「強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)」第2回会合第10セッションが行われたところ、概要は以下のとおり。我が国から、外務・経済産業・環境・農林水産・国土交通各省関係者が出席した。また、外務省吉田交渉官がワークストリーム2のファシリテーターを務めた。

(注)ADPは、2011年末に南アフリカ・ダーバンで開催された第17回気候変動枠組条約締約国会議(COP17)での決定を受け設置されたもの。(1)2015年に採択される予定の、全ての国に適用される2020年以降の新たな枠組み(ワークストリーム1)及び(2)2020年までの緩和の野心の向上(ワークストリーム2)について議論を行う。(以下「法的合意」は「議定書、別の法的文書、又は法的効力を有する合意された成果」を、「2015年合意」は法的合意、COP21決定、その他文書のパッケージを意味する。)

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る