新着情報

2015年9月18日
森林の炭素貯留量を高精度に計測できる衛星データ解析技術を開発【国立環境研究所】

国立環境研究所の研究チームはこの度、NASA(アメリカ航空宇宙局)のICESat衛星データを利用することで、世界各地の森林の炭素貯留量を高精度に計測できる画期的な技術を開発しました。従来、現地の森林に入って樹木を1本ずつ計測する必要がありましたが、現地に行かずに計測できるようになったことで、作業上の負担を大幅に軽減できるようになりました。

今後は、地球温暖化防止の観点から注目されている森林の炭素貯留量や伐採にともなう炭素排出量の全球分布の、効率的な把握に貢献することが期待されます。また、高い生物多様性をもつ熱帯林においても高精度で樹高やバイオマスを計測できるため、地球規模での生物多様性の指標開発にも応用できると考えられます。

詳細は国立環境研究所のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る