新着情報

2015年11月16日
温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度の公表について【環境省】

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)は、環境省、国立環境研究所(NIES)及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した世界初の温室効果ガス観測専用の衛星であり、平成21年1月23日の打上げ以降、現在も観測を続けています。

「いぶき」観測データを使って、地上から上空までの「地球大気全体(全大気)」の二酸化炭素平均濃度を算出したところ、月別平均濃度は季節変動をしながら年々上昇し、平成27年5月に約398.8 ppm を記録しました。さらに推定経年平均濃度(※)は平成27年7月に約398.2 ppm に達したことがわかりました。このままの上昇傾向が続けば、月別平均濃度や推定経年平均濃度はともに、遅くとも平成28年中に400 ppm を超える見込みです。これは、「いぶき」の観測によって地球大気全体の平均濃度が400 ppm に近づくことを初めて示すことになり、衛星による温室効果ガス観測の重要性を表すものと言えます。

※推定経年平均濃度:季節変動を取り除いた2年程度の平均濃度値

詳細は環境省のホームページをご覧ください。

ページ先頭へ戻る