A−2 森林及び林業分野における温暖化緩和技術の開発

2014年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
K Kayo, C.,
et al.
Carbon balance assessments of harvested wood products in Japan taking account of inter-regional flows Environmental Science & Policy 印刷中
M 光田 靖ら 人工林長期継続調査データを利用した林分成長モデルのパラメータ推定 統計数理 印刷中
M 光田 靖ら 森林炭素動態シミュレーションシステムを用いた気候変動が森林炭素吸収量に及ぼす影響評価の試行 統計数理 印刷中
N Nishizono, T.,
et al.
Geographical variation in age-height relationships for dominant trees in Japanese cedar (Cryptomeria japonica D. Don) forests in Japan Journal of Forest Research 印刷中
S 阪田匡司ら 雪期と非積雪期における森林土壌からの温室効果ガスフラックスの違い 関東森林研究 印刷中

ページ先頭へ戻る

2013年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
H 原山尚徳ら カラマツ類ポット苗における光合成特性の季節変化 北方森林研究 61: 57-58
K Kawahigashi, M.,
et al.
Comprehensive study of humic substances: Implications for environmental changes Humic Substances Research 10:1-9
M 宮崎和弘、
中武千秋
シイタケほだ場の夏場における気象環境と害菌被害の関係について 九州森林研究 投稿中
S Sakai, Y.,
et al.
Predicting deadwood densities of Cryptomeria japonica and Chamaecyparis obtusa forests using a generalized linear mixed model with a national-scale dataset For.Ecol. Manage 295: 228-238
T 田中真哉ら 東北地方におけるLandsat ETM+データを用いた林分材積推定と大気・地形効果補正の検討 森林計画学会誌 47: 29-34

ページ先頭へ戻る

2012年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
M 光田靖ら 過密人工林分における地上部バイオマス推定に関する誤差要因の検証−40年生ヒノキ人工林における伐倒調査による事例研究− 森林計画学会誌 46: 15-24
S Shinya Tanaka
et al.
Simple method for land-cover mapping by combining multi-temporal Landsat ETM+ images and systematically sampled ground truth data: A case
study in Japan.
Journal of Forest Planning 18(1): 3-9
Y Yoshimi Sakai
et al.
Wood density and carbon and nitrogen concentrations in deadwood of Chamaecyparis obtusa and Cryptomeria japonica. Soil Science and Plant Nutrition 58(4): 526-537

ページ先頭へ戻る

2011年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
H Hiroshima T. Calculation of yields on a national level by combining yields of each prefecture using the Gentan probability J. For. Res. 16(2): 98-107.
H Hiroshima T. Nationwide yield prediction by adding up yields of prefectures Special issue of J. For. Plann. 16: 199-205.
K 北尾光俊  樹冠内の光環境を考慮して評価したヨーロッパブナ成木の光合成へのオゾン影響 生態学会誌 61: 83-87
M Mitsuda Y.
et al.
Preliminary analysis on the use of a process-based forest growth model of Cryptomeria japonica planted forest to represent the effects of canopy structure change Forest Resource and Mathematical Modeling 10: 1-10
S 嶋瀬拓也 素材の国内交流に伴う移動距離の動向とその決定要因 日本森林学会北海道支部論文集 59: 117-120
T 田中真哉ら  多時期の衛星データとサポートベクターマシンを用いた森林/非森林の分類精度の比較 関東森林研究 62
U 宇都木玄ら クリーンラーチ(グイマツ雑種F1)の初期成長と被陰の影響 日本森林学会北海道支部論文集 59: 13-15

ページ先頭へ戻る

2010年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
K Kitahara F.
et al.
Effects of training for inexperienced surveyors on data quality of tree diameter and height measurements Silva Fennica 44(4): 657-667
M Matyssek R.
et al.
Enhanced ozone strongly reduces carbon sink strength of adult beech (Fagus sylvatica) - Resume from the free-air fumigation studyat Kranzberg Forest Environmental Pollution 158: 2527-2532
N Nishizono T. Effects of thinning level and site productivity on age-related changes in stand volume growth can be explained by a single rescaled growth curve Forest Ecology and Management 259: 2276-2291
O Olbrich M.
et al.
Ozone fumigation (twice ambient) reduces leaf infestation following natural and artificial inoculation by the endophytic fungus Apiognomonia errabunda of adult European beech trees Environmental Pollution 158: 1043-1050

ページ先頭へ戻る

論文・著書等

ページ先頭へ戻る