G 温暖化の進行に適応する畜産の生産安定技術の開発

2017年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
A 浅田勉ら 黒毛和種育成牛への糖原性エネルギー飼料給与技術の開発 群馬県畜産試験場研究報告  
W 脇屋裕一郎ら 米、麦、茶葉配合飼料に油脂を配合しても肥育豚の背脂肪厚に影響しない 技術の窓(日本政策金融公庫HP)  

ページ先頭へ戻る

2016年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
K Kikusato M. et al. Oleuropein induces mitochondrial biogenesis and decreases reactive oxygen species generation in cultured avian muscle cells, possibly via an up-regulation of peroxisome proliferator-activated receptor γ coactivator-1 Animal Science Journal 87(11): 1371-1378
T 高平寧子 暑熱および寒冷期の発酵TMR給与が黒毛和種去勢牛の胃内pHの変動に及ぼす影響 富山県農林水産総合技術センター畜産研究所「畜研だより」  
W 脇屋裕一郎 油脂や大麦焼酎粕の配合が枝肉、肉質に及ぼす影響 養豚の友(日本畜産振興会)  

ページ先頭へ戻る

2015年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
E 永西修 畜産における高温対策技術 JATAFFジャーナル 4(2): 27-31

ページ先頭へ戻る

2014年

  執筆者 課題名 発表 Vol.:ページ
T 田中正仁ら 栄養管理による高温環境下の泌乳生産性改善に関する研究 栄養生理研究会報 58(2): 1-11
T 田中正仁 地球温暖化が進む中での酪農における暑熱対策について Dairy news 4(3): 7443-7450
W 脇屋裕一郎ら 飼料用米、大麦および製茶加工残さんの混合給与におけるパーム油の添加が夏季の肥育後期豚の飼育成績と肉質成績に及ぼす影響 日本養豚学会誌 51: 207-212

ページ先頭へ戻る

論文・著書等

ページ先頭へ戻る